RBIC、公共建築、官庁工事建築、建築、設計、積算、IFRS(国際会計基準)対応、CRE、CM、コスト管理、大規模修繕:東京の一級建築士事務所:サインズアソシエイツ

個人のお客様向け:家の建築時の管理業務

建築管理業務(コンストラクションマネジメント)

コンストラクション・マネジャー((Construction Manager=CMr)=建築コンサルタント)を使うメリットは、 大きく3つあります。


1.設計監修・発注マネジメントサポート

設計段階において発注者をサポートする業務です。 設計図書などをもとに、発注者の視点から考えられる改善策をご提案します。 コストと品質の理想的なバランスを実現するため、また、発注者の目的やご要望を最大限に達成するためのコンサルティングを行います。 そのため、思い違いや発注ミスによるトラブルを事前に回避できます。 プロジェクトの特性を考慮し、最適な発注方式や施工者の選定についてご提案いたします。


2.コスト管理サポート

工事費の内訳を構成する資材費及び労務費を実勢市場価格に基づき算出し、数量及び経費の見直し を行い、実勢に即した工事価格の検証をする事ができます。
内訳書の内容を検証する事によって、発注者の不必要な支出を抑える事が出来ます。 (または、出来る様に施工者側と折衝する事が出来ます)。 また、設計・工法変更に伴う工事費変更に関してコスト管理を行うことにより、工事費の低減を図ります。


3.工事監理サポート

発注者の代行として、工事の進捗状況の把握や施工者との打合せ、また施工に対して、発注者への報告などを行い、品質の確保を支援します。 専門家の立場で介在することで、発注者と施工者とのコミュニケーションの円滑化を図ります。 発注者の側に立った品質確保のチェックができます。
建築物としての基本的性能の確保はもちろんの事、発注者の希望に沿った(発注通りの)ものとなっているか、随時確認する事ができます。 これまでの設計者と何が違うの?
これまでの建設プロジェクトの多くは設計者(或いは設計・施工一括)が中心となってプロジェクトを推進していました(発注者自らがマネジメントしているケースもあります)。 ただ設計者は「設計業務」を請負っており、プロジェクト進行の中でデザインを重視したり、独善的になりやすい側面もあります。 CMr(コンストラクション・マネージャー)はお客様の立場に立って、独立した(第三者の目)プロジェクト管理を行います。


個人のお客様

事例紹介 弊社が手がけた物件をご紹介! 詳細こちら

会社情報

会社名
株式会社サインズ・アソシエイツ
電 話
042-569-7863
FAX
042-569-7962
⇒さらに詳しくはこちら

このページのトップへ