RBIC、公共建築、官庁工事建築、建築、設計、積算、IFRS(国際会計基準)対応、CRE、CM、コスト管理、大規模修繕:東京の一級建築士事務所:サインズアソシエイツ

法人のお客様向け:CRE戦略・PRE戦略/IFRS対応建物資産/価値評価/不動産運用

対応急務の国際会計基準(IFRS)

世界の動向

IFRSを自国の会計基準として適用している国および適用することを認めている国はすでに120ヶ国に及んでいます。G20ではオーストラリア、ブラジ ル、中国、EU各国、南アフリカ、トルコなどがすでにIFRSを適用しており、これに続き2011年にはカナダ、インド及び韓国、さらに2012年にはア ルゼンチン及びメキシコなどが適用を開始する予定です。 IFRSの適用に向けて現在準備段階にある他の国々もそれぞれにスケジュールを公表し取組みを行っています。

わが国の動向

2009年6月に企業会計審議会は「我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)」を公表しました。 これにより、2010年3月期よりすでに 一部の企業がIFRSの任意適用を開始しています。IFRSの強制適用については2012年に最終決定を行うこととしており、早ければ2015 年~2016年よりわが国の上場企業にもIFRSの強制適用が開始される可能性があります。

IFRSの特徴

  • 原則主義
    原理原則の明確化
    原則主義
    アメリカ型の規則主義からの方向転換(グレーゾーンを走らせない)
  • 投資家の意思決定のための情報提供
  • 資産・負債アプローチ(所有者の持分変動を包括的利益)
  • 比較可能性の向上
  • 経営者の恣意性の排除
  • 実質優先(経済的実質優先)
  • 公正価値会計、キャッシュフロー会計、連結会計
  • 注記の充実 リスク情報、公正価値情報重視

国際会計基準(IFRS)の導入による変化

資産除去債務
現在所有している固定資産(土地や建物など)やこれから所有しようとしている固定資産についても将来該当資産を売却・撤去もしくはリサイクルする場合の費用を見積り、財務諸表に「債務」として反映。(例:事務所、店舗を賃借している企業の方)
公正価値会計
現在所有の資産について公正価値評価を行う。公正な評価額とは取引を実行するために必要な知識を持つ自発的な独立第三者が行うと想定した場合の取引価額。 (例:自社ビルをお持ちの方、投資用不動産(賃貸ビル)をお持ちの方)
工事契約
「工事進行基準」の採用。
工事完成度合いによって収益及び原価を計上 (例:工事が決算期をまたいでしまう方)

当面対象となる会社

1.金融商品取引法の適用を受ける会社ならびにその子会社
2.会計監査法人を設置する会社およびその子会社

対象の方はサインズへ!!

IFRS対応を含めたトータルサポート

資産除去債務・公正価値会計・工事契約はもちろんの事、あらゆる建築、不動産に関するご相談を承ります。国際会計基準(IFRS)対応を含めたトータルな企業会計業務・経営戦略業務をサポート致します。

建築企画/不動産運用

サインズ・アソシエイツは、多様な専門家や研究者との連携を通じて大規模まちづくり、複合商業施設(オフィスビル、ホテル、ショッピング、など)から集合住宅開発、大規模修繕、コンバージョン、小規模修繕・改修工事まで大小様々なプロジェクトにおいて土地・不動産の有効活用の観点から施主のニーズに合った最適な建築企画および建築計画を提供します。



オーナー代行業務

2015年、IFRS(国際会計基準)が日本にも強制導入される事により会計監査を含めた経営戦略、特にCRE(企業不動産)戦略は大きな転換点を迎えると言えます。

今までほぼ任意とされていた(明確な評価はされて来なかった)不動産の価値評価が算出根拠も明示しなければならない公正価値評価を求められ、また賃貸借物件に関しても今までは賃貸物件の賃料は経費であったところが資産計上する事が求められ、且つ退去時の原状回復費用が坪単価等の算出根拠では無く、数量×単価の積上げといった明細レベルまでの算出根拠を求められる事になります。

この大きな変化の波の中、オーナー(ビル所有者)は確実な対応を迫られます。
対応を誤る事は自らの収益を損なう事になり、経営状況を好ましく無い方向へ向かわせてしまうのです。

しかも、この対応は残念ですが、社内の人材だけでは対応出来ません。 IFRSのルールでもあるように、“外部のプロフェッショナル”が必要になるからです。 この“外部のプロフェッショナル”との出会い・連携は今後のIFRS・CRE戦略において、欠かす事の出来ないファクターとなります。 オーナーの考えを理解し、常にオーナーと共に会社(組織)を良い方向へ導く手助けをする存在“オーナー代行=オーナーサポーター”が必要になるという事です。

IFRS・CRE戦略とは

IFRS・CRE戦略とは“企画・構想”→“建築監修”→“保全・維持管理”→“評価算定”のサイクルを回す事であり、各フェーズにおいて経営的視点を持ち、ベストの選択をしていく事が重要となります。

サインズがお手伝いできること

建物資産価値評価に関するコンサルティング

従来の日本基準では建物資産計上は、「一式 ○○円」で対応できたがIFRS導入により、「建物構成要素による価格評価」が要求され、明確にルール化されます。
改修した部分、新たな部分を明細化し、適正に資産評価することが求められます。

  • プロジェクトチーム整備アドバイス
  • 「IFRS」に関する社内研修(経営層含む)
  • 「IFRSコンバージェンス」に関する情報提供、アドバイス
  • 顧客対応アシスト
  • 「固定資産管理」に関する、台帳、フロー等の整備

法人のお客様

事例紹介 弊社が手がけた物件をご紹介! 詳細こちら

会社情報

会社名
株式会社サインズ・アソシエイツ
電 話
042-569-7863
FAX
042-569-7962
⇒さらに詳しくはこちら

このページのトップへ